Be a driver.力強く、そして美しく。洗練のスタイリングはさらにハイクオリティな領域へ。

MAZDASPEED ロードスターのフォルムに、さらなる躍動感としなやかさを。

オリジナルのボディデザインを惹きたて、サーキット走行も視野に入れ、充分な空力効果を発揮し、操縦安定性を高めることを前提にデザインした純正エアロパーツ。特に過剰にフロントが沈み過ぎるのを抑えるために、フロントにはエアスクープ(空気取入口)を設け、リアスポイラーとセットで装着することで、良好な前後リフトバランスを実現しています。幾度の空力テストを重ねながら機能とデザインの心地よい両立を図った、純正エアロと呼ぶに相応しい仕上がりとなっています。

ストラットバー

ボディの手軽な剛性アップの手段として使われますが、一言でボディ剛性と言っても、クルマの左右の前輪が同時に突起に乗り上げたときのようにボディ全体を曲げようとする力に抵抗する曲げ剛性と、前輪の片方だけが乗り上げた時のように、ボディをねじろうとする力に抵抗するねじり剛性があります。ストラットタワーバーの場合は、ねじり剛性を高め、コーナリング性能をアップさせます。

【セールスポイント(軽量・高剛性)】 ほとんどの標準装備品は丸断面のスチール材を採用していますが、剛性が高い反面、重量増を余儀なくされています。マツダスピード製品の場合は軽量化のためにアルミを採用し、剛性確保のために中空楕円形状としています。尚、表面処理は耐食性・耐熱性に優れたアルマイト処理を採用し、MAZDASPEEDロゴを装着しています。エンジンルームのドレスアップとなり、ボンネットを開くたびに、カスタマイズの歓びを味わっていただけます。

ロアアームバー・パフォーマンスバー

サスペンションに大きな力が加わった際に、ボディが変形してしまうと設計値通りにサスペンションを作動させることが困難になります。そのため、ボディ剛性を向上させてボディの変形を小さくし、サスペンションの作動を理想的に働かせる為に装着するのがパフォーマンスバーです。レイアウトについては、左右旋回時のボディ剛性が同じになるよう可能な限り左右対称のワイドなXレイアウトとしています。見た目にも効果の分かるそのレイアウトは、ボディの曲げや、ねじれに対し有効的なポイントを可能な限り直線的に連結するよう設計しています。また、ブレーキング時のトー変化を抑制すべくロアアームバーも設定しています。シンプルながらアームの付け根を連結するレイアウトは高い効果を発揮し、ロードスターのハンドリングにカッチリとしたフィーリングをもたらします。

topへ戻る

<ご注意>本サイトにおける画像及び動作は一部演出しています。写真の色や照度、また動作等、実際のものとは見え方が異なる場合があります。