スクラムのリコールについて

平成18年2月16日、マツダ株式会社にスクラムを供給していますスズキ株式会社より下記のリコールを国土交通省に届出いたしました。

ご愛用の皆様には、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。対象となるお客様には、販売店から、ダイレクトメール等でご案内させていただきますが、お早めに、最寄りのマツダ車販売店へ連絡いただき、修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

リコール届出番号 リコール開始日
1618 平成18年2月17日

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

原動機の冷却水用ホースにおいて、冷却水の原動機出口側の取付方法が不適切なため、高回転運転時の水圧により、当該ホースの取付位置がずれることがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ホースが周辺部品と干渉し損傷する、又はホースが抜け、冷却水が流出し、最悪の場合、オーバーヒートするおそれがあります。

改善措置の内容

 【自然給気車両】 全車両、冷却水用ホースをプロテクタ装着した対策品と交換し、当該ホースの挿入部にクランプを追加します。
 【過給機付き車両】 全車両、当該ホースの挿入部にクランプを追加し、ハーネスブラケットを対策品と交換するとともに、当該ホースの損傷を点検し、
 (1)損傷がない場合は、当該ホースにプロテクタを追加します。
 (2)損傷がある場合は、当該ホースをプロテクタ装着した対策品と交換します。

対象車両

型式 通称名 対象車の車台番号の範囲及び製作期間 対象車の台数 備考
EBD-DG64V スクラム DG64V-100002~DG64V-101339平成17年9月1日~平成17年11月29日 1,338

GBD-DG64V DG64V-600001~DG64V-600086平成17年8月30日~平成17年12月1日 86
ABA-DG64W DG64W-100002~DG64W-100716平成17年9月1日~平成17年12月10日 706

ご注意

  1. 対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。

前のページに戻る