ファミリアバンのリコールについて

平成29年10月6日、マツダ株式会社にファミリアバンを供給しております日産自動車株式会社は、下記のリコールを国土交通省に届出いたしました。


ご愛用の皆様には、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。現在、対象となる車両につきまして精査を行っており、確定しておりません。早急に精査した上で、対象車が確定次第、お客様には販売店からダイレクトメール等でご案内させていただきますので、最寄りのマツダ販売店へ連絡いただき、修理(点検/修理)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

リコール届出番号 リコール開始日
4126 平成29年10月06日

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

車両製作工場の完成検査において、任命されていない検査員が合否判定を行ったものがあり、安全環境性能法規(保安基準)に関する検査が適切に行われていません。

改善措置の内容

全車両、指定整備工場において自動車検査員による点検を行い、安全環境性能法規(保安基準)に関する不具合が認められた場合は是正します。

対象車両

型式 通称名 対象車の車台番号の範囲及び製作期間 対象車の台数 備考
DBF-BVY12 ファミリアバン VY12-533023~VY12-538769平成26年12月19日~平成29年9月18日 4,000 現在、対象車精査中につき、左記の台数は概数です。
CBF-BVJY12 VJY12-512543~VJY12-512832平成27年1月8日~平成28年11月2日 60
DBF-BVZNY12 VZNY12-514722~VZNY12-516954平成26年12月19日~平成29年9月15日 1,000

ご注意

  1. 対象車の範囲及び台数には登録前に点検を実施してリコール対象外となった車両が含まれています。
  2. 対象車の範囲及び台数には、継続検査を受検して保安基準の適合性が確認されたことにより、リコール対象外となる車両が含まれています。

前のページに戻る