アクセラ、アテンザ、CX-5のリコールについて

平成30年11月8日、マツダ株式会社は下記のリコールを国土交通省に届出いたしました。

ご愛用の皆様には、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。一部の車両は、吸気側バルブスプリングのリコールにつきましても対象となりますので、部品交換の準備が整い次第、本件のエンジン制御コンピュータの対策プログラムへの修正と合わせて修理させていただきます。本来であれば、速やかに修理させていただくところではございますが、準備に時間を要しています。今しばらく、ご猶予をいただきたく、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。対象となるお客様には、準備が整い次第、あらためてご案内させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。
対象車両につきましては、当ページの上側にある「リコール情報検索」にて、ご愛用車の車台番号を入力することで確認できます。

リコール届出番号 リコール開始日
4351 平成30年11月09日

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

  1. エンジンの吸気シャッタ・バルブにおいて、制御プログラムが不適切なため、バルブ周辺に付着する煤などにより、バルブ開度が正しく制御されなくなり、エンジン警告灯が点灯した際、フェールセーフが十分に機能せず、バルブが全開しないことがあります。そのため、煤などの付着により、バルブが全閉のまま固着した場合、エンジンが停止するおそれがあります。
  2. エンジンの排気圧センサにおいて、異常判定プログラムが不適切なため、センサ内部への水分の浸入により、センサの出力値がずれ、排出ガスが基準値を満足しなくなる場合に、異常判定しません。そのため、そのままの状態で使用を続けると、浸入した水分により排気圧センサ内の電子回路が腐食し、断線することでエンジン警告灯が点灯し、フェールセーフ制御によりアイドリングストップが作動しなくなり、変速ショックが大きくなるおそれがあります。

改善措置の内容

  1. 全車両、エンジン制御コンピュータを点検し、吸気シャッタ・バルブ用制御プログラムを対策プログラムに修正します。点検の結果、吸気シャッタ・バルブに異常がある場合は、吸気シャッタ・バルブを新品に交換します。また、プログラム修正後にエンジン警告灯が点灯した場合は、吸気シャッタ・バルブを新品に交換します。
  2. 全車両、エンジン制御コンピュータを点検し、排気圧センサ用制御プログラムを対策プログラムに修正します。点検の結果、排気圧センサに異常がある場合は、排気圧センサを現行の新品に交換します。また、プログラム修正後にエンジン警告灯が点灯した場合は、排気圧センサを現行の新品に交換します。

対象車両

型式 通称名 対象車の車台番号の範囲及び製作期間 対象車の台数 備考
LDA-BM2AP アクセラ BM2AP-100004~BM2AP-100349平成28年8月2日~平成30年7月3日 344
LDA-BM2AS BM2AS-100007~BM2AS-101509平成28年8月2日~平成30年7月4日 1,495
LDA-BM2FP BM2FP-100002~BM2FP-201021平成27年12月1日~平成30年7月4日 1,439
LDA-BM2FS BM2FS-100006~BM2FS-202741平成25年12月19日~平成30年6月28日 11,556
LDA-GJ2AP アテンザ GJ2AP-100010~GJ2AP-301008平成26年11月3日~平成30年4月14日 2,444
LDA-GJ2AW GJ2AW-100007~GJ2AW-301584平成26年11月3日~平成30年4月14日 3,992
LDA-GJ2FP GJ2FP-100014~GJ2FP-302443平成24年10月22日~平成30年4月14日 18,814
LDA-GJ2FW GJ2FW-100012~GJ2FW-303000平成24年10月17日~平成30年4月14日 21,652
LDA-KE2AW CX-5 KE2AW-100017~KE2AW-217477平成24年2月17日~平成28年11月16日 52,076
LDA-KE2FW KE2FW-100009~KE2FW-221328平成24年2月13日~平成28年11月16日 65,241
LDA-KF2P KF2P-100029~KF2P-131275平成28年11月29日~平成30年2月2日 30,918

ご注意

  1. 対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれていますので、詳しくは最寄りの販売会社にお問合せください。
  2. 対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。

前のページに戻る