ロードスターのサービスキャンペーンについて

 マツダ株式会社は下記のサービスキャンペーンを国土交通省に通知いたしました。

ご愛用の皆様には、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。対象となるお客様には、販売店へご来店の際等にご案内させていただきますので、その際には下記内容にて、修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

 

サービスキャンペーン開始日
平成18年4月中旬

不具合の内容

エンジン冷却装置のサブタンクホースのレイアウトが不適切なため、サーモスタットが閉じているエンジン暖機前の運転状態において、車両が減速状態になった場合、若しくは下り坂の走行等前下がりの姿勢になった場合に、サブタンク内の空気がサブタンクホースを経由してヒーター回路へ逆流します。その結果、空気が空調装置のヒーターホース経路中に局所的に集積し、アイドリング状態になるとヒーターコアへ温水が流れなくなるため、車室内のヒーター吹出風の温度が低下するおそれがあります。ただし、完全暖機状態では、問題は発生しません。

改善の内容

全車両、冷却装置のサブタンクホースを改善品と交換します。

対象車両

型式 通称名 対象車の車台番号の範囲及び製作期間 備考
CBA−NCEC ロードスター NCEC-100032~NCEC-103417平成17年6月16日~平成17年12月22日  

ご注意

  1. 対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれていますので、くわしくは最寄りの販売店にお問い合わせ下さい。
  2. 対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。

前のページに戻る