キャロルのサービスキャンペーンについて

マツダ株式会社にキャロルを供給しておりますスズキ株式会社より下記のサービスキャンペーンを国土交通省に通知いたしました。

ご愛用の皆様には、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。対象となるお客様には、販売店から、ダイレクトメール等でご案内させていただきますので、最寄りのマツダ車販売店へ連絡いただき、修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

 


サービスキャンペーン開始日
平成22年7月2日

不具合の内容

クランクプーリとクランクシャフトを締結しているボルトの締付トルクが不足しており、かつ、当該ボルトが着座するクランクプーリの座面の面粗さが粗いものがあるため、使用過程において当該ボルトが緩むものがあります。そのため、クランクプーリにがたが生じて異音が発生し、そのまま使用を続けると、クランクプーリにクランクシャフトの回転力が伝わらなくなり、オルタネータベルトが駆動されず、オルタネータとウォータポンプが作動しなくなり、発電不良により充電警告灯が点灯し、冷却水温上昇により水温警告灯が点灯します。また、クランクプーリのがたが大きくなり、オイルシールよりオイルが漏れ、油圧警告灯が点灯するおそれがあります。

改善の内容

全車両、クランクプーリの損傷の有無を点検し、
(1)損傷のないものはボルトを新品に交換し、規定トルクで締付けます。
(2)損傷しているものはクランクシャフトの損傷の有無を点検し、
   (2-1)損傷のないものはクランクプーリ、ボルト、オイルシール、
   オルタネータベルトおよびエアコンベルトを新品に交換し、
   ボルトを規定トルクで締付けます。
   (2-2)損傷しているものは、クランクシャフト、クランクプーリ、ボルト、
   オイルシール、オルタネータベルトおよびエアコンベルトを新品に
   交換し、ボルトを規定トルクで締付けます。
なお、(1)、(2-1)、(2-2)におけるボルトの交換は、当該市場措置の実施有無の識別のためです。

対象車両

型式 通称名 対象車の車台番号の範囲及び製作期間 備考
CBA-HB24S キャロル HB24S-100008~HB24S-103472平成16年9月2日~平成17年2月2日
DBA-HB24S HB24S-500003~HB24S-502205平成16年9月2日~平成17年2月1日

ご注意

  1. 対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれていますので、くわしくは最寄りの販売店にお問い合わせ下さい。
  2. 対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。

前のページに戻る