イモビライザーシステム (アドバンストキー装備車)

イモビライザーシステムはアドバンストキーに信号発信機を内蔵し、あらかじめ登録されたアドバンストキー以外ではエンジンを始動できないようにした車両盗難防止装置です。
キーの故障を防ぐために次のことをお守りください。
·
強い衝撃をあたえたり、ぬらしたりしないでください。
·
磁気を帯びた製品を近づけないでください。
·
インストルメントパネルやボンネットの上など直射日光があたる場所や高温になる所に放置しないでください。
アドバンストキーの電池切れや故障などにより、補助キーでエンジンを始動するとき、次のような状態にしないでください。車両が補助キーからの信号を正確に受信できず、エンジンが始動できない場合があります。
·
キーグリップに金属製のリングがのっている
·
キーグリップ部に他のキーの金属部や金属製のものが接している
·
補助キーにスペアの補助キーや他の車両の盗難防止システムキー (信号発信機内蔵のもの) が重なっている、または近くにある
·
補助キーの近くに電子部品を含んだ製品やクレジットカードなどの磁気カードがある

◆システム作動

電源ポジションをONからACCまたはOFFにすると作動します。システムが作動している間はセキュリティ表示灯が点滅します。

◆システム解除

登録されたキー/アドバンストキーで電源ポジションをONにすると、システムが解除され表示灯が約3秒間点灯した後消灯します。表示灯が消灯せず点灯または点滅し続けるときは、システムの異常が考えられます。マツダ販売店で点検を受けてください。
·
アドバンストキーを車内でも感知しにくい場所に置いていると、エンジンの始動ができず、セキュリティー表示灯が点灯/点滅する可能性があります。
アドバンストキーを別の場所に置いて、電源ポジションをOFFにもどし、再度エンジンを始動してください。
·
テレビ、ラジオ、トランシーバー、携帯電話などからの電波はイモビライザーシステムの作動に支障をあたえることがあります。登録されたアドバンストキーでもエンジンが始動しないときは、セキュリティ表示灯を確認してください。表示灯が点滅している場合は、電源ポジションをACCまたはOFFにもどし、しばらく待って再度エンジンを始動させてください。3回以上行なってもエンジンが始動しないときはマツダ販売店に連絡してください。
·
セキュリティ表示灯が点灯/点滅したままの状態でエンジンを停止すると、再度エンジンを始動することができません。運転中にセキュリティ表示灯が点灯/点滅した場合は、エンジンを停止せずマツダ販売店で点検を受けてください。
·
イモビライザーシステムを修理するときはコードを再登録するためにアドバンストキー (補助キー含む) が必要です。お手持ちのすべてのアドバンストキー (補助キー含む) をマツダ販売店に持参してください。

◆メンテナンスについて

イモビライザーシステムまたはアドバンストキーに異常が見られる場合はマツダ販売店にご相談ください。
·
アドバンストキーを紛失したときのために、スペアのアドバンストキーを保管しておいてください。万一紛失したときはすぐにマツダ販売店にご相談ください。
·
アドバンストキーには特有の電子コードが含まれていますので、マツダ販売店以外でアドバンストキーを追加することはできません。
·
アドバンストキー (補助キー含む) を紛失した場合、盗難防止のため、イモビライザーシステムに登録されているアドバンストキーのコードをマツダ販売店で消去できます。消去した後に、今後使用するアドバンストキーを再登録する必要がありますので、お手持ちのすべてのアドバンストキー (補助キー含む) をマツダ販売店へ持参してください。登録されていないアドバンストキーではエンジンを始動することができません。

◆作動保証について

次のような場合はイモビライザーシステムの作動を保証できません。
·
イモビライザーシステムを改造した場合。
·
イモビライザーシステムに付加部品を取り付けた場合。
車両の故障を防ぐために、システムを改造したり、付加部品を取り付けたりしないでください。