オートマチックトランスミッション

「オートマチック車を運転するとき」 もあわせてお読みください。

◆各位置の働き

P (パーキング)
駐車およびエンジンを始動する位置。
Pでのみエンジンスイッチからキーを抜くことができます。
R (リバース)
車を後退させる位置。
チャイムが鳴り、セレクトレバーがRにはいっていることを運転者に知らせます。
N (ニュートラル)
動力が伝わらない位置。
エンジンを始動することはできますが、安全のためPの位置で行なってください。
D (ドライブ)
通常走行する位置。
(5速オートマチック車)
車速に応じて1速から5速までを自動変速します。
(6速オートマチック車)
車速に応じて1速から6速までを自動変速します。
M (マニュアル)
マニュアル走行する位置。
ギヤ位置を手動で切り替えることができます。
マニュアルモード

◆シフトロック装置

シフトロック装置は、発進時の誤操作を防ぐためのものです。
セレクトレバーをPから動かすとき
ブレーキペダルを踏み込んだままにします。
エンジンを始動させます。
セレクトレバーを動かします。
·
電源ポジションがOFFのときは、セレクトレバーをPから動かすことはできません。
·
セレクトレバーがP以外の位置ではキーを抜くことができません。
シフトロック装置の解除
万一、セレクトレバーをPから操作できないときは、カバーをはずし、ブレーキペダルを踏み、マイナスドライバーなどを解除穴に差し込んだままセレクトレバーを操作します。
マイナスドライバーなどを使用するときは、先端に布などを巻いてください。マイナスドライバーなどが直接カバーにあたると、傷がつくおそれがあります。

◆セレクトレバーの操作

レバー操作
ブレーキペダルを踏んだまま、セレクトレバーを操作します。
ゲートにそって、そのままセレクトレバーを操作します。
·
の操作は、誤作動防止のため、各ギヤ位置ごとに節度をつけ確実に行なってください。
·
セレクトレバーをPから操作するとき、セレクトレバーを助手席側に動かしたままブレーキペダルを踏むと操作できないことがあります。先にブレーキペダルを踏んでから操作してください。

◆AASモードについて

AAS (アクティブアダプティブシフト) モードとは、快適に運転するため、道路の状況やドライバーの操作に最適なシフトポイントを自動的にコントロールするモードです。
セレクトレバーがDのとき、アクセルペダルをいっぱいに踏み込んで急加速をしたり、アクセルやブレーキの操作で加速または減速をしばらくの間行なうことでAASモードになる場合があります。

AASモードでコーナーに進入すると、ギヤ位置を維持したまま旋回することができるため、コーナー出口では、進入したときのギヤ位置から加速することができます。AASモードは、最適のギヤ位置を維持するためシフトチェンジが行なわれない場合がありますが異常ではありません。

◆マニュアルモード

セレクトレバーをDからMにいれるとマニュアルモードになります。
マニュアルモードでは、ギヤ位置を手動で切り替えることができます。
セレクトレバーをMからDにいれるとマニュアルモードが解除されます。
·
停車時にマニュアルモードにした場合、ギヤは1速になります。
·
Dレンジ5速走行時にアクセルペダルを踏み込まずにマニュアルモードにした場合、ギヤは4速になります。
·
(6速オートマチック車)
Dレンジ6速走行時にアクセルペダルを踏み込まずにマニュアルモードにした場合、ギヤは5速になります。
表示灯
マニュアルモード表示
マニュアルモードにすると、メーター内にあるセレクトレバー位置表示灯のMが点灯します。
ギヤ位置表示
ギヤ位置が表示されます。
高速走行中、速度によりシフトダウンできないときは、ギヤ位置表示が2回点滅します。
(5速オートマチック車)
オートマチックトランスミッションフルード (ATF) の温度が高温になると、ギヤ位置表示が消灯しマニュアルモードが解除されるため自動変速になる場合があります。これはATを保護するための正常な機能です。しばらくしてATF温度が下がるとギヤ位置表示が再び点灯しマニュアルモードでの走行が可能になります。
シフトチェンジ (変速) のしかた
セレクトレバーまたはステアリングシフトスイッチによりシフトチェンジすることができます。
(ステアリングシフトスイッチ装備車)
·
左右のステアリングシフトスイッチを同時に操作しても1段しか変速されません。
·
セレクトレバーとステアリングシフトスイッチを同時に操作しても変速されません。
·
ステアリングシフトスイッチのUPスイッチとDOWNスイッチを同時に操作しても変速されません。
シフトアップ (高速ギヤに変速)
セレクトレバーを 側に動かす、またはステアリング裏側のUPスイッチ*1を手前に引くとシフトアップ (M1→M2→M3→M4→M5→M6*2) します。
*1
ステアリングシフトスイッチ装備車
*2
6速オートマチック車
(セレクトレバーでの操作)
(ステアリングシフトスイッチでの操作)
·
低速時はシフトアップできないことがあります。
·
マニュアルモードでは自動でシフトアップしません。タコメーターの指針がレッドゾーンにはいらないように運転してください。あやまってレッドゾーンにはいった場合、エンジン保護のため燃料の供給が停止されます。このとき軽い衝撃を感じることがありますが異常ではありません。
シフトダウン (低速ギヤに変速)
セレクトレバーを 側に動かす、またはステアリング表側のDOWNスイッチ*1を押すとシフトダウン (M6*2→M5→M4→M3→M2→M1) します。
*1
ステアリングシフトスイッチ装備車
*2
6速オートマチック車
(セレクトレバーでの操作)
(ステアリングシフトスイッチでの操作)
高速走行中、またはぬれた路面や積雪路、凍結路を走行しているときは、急激なエンジンブレーキの使用 (シフトダウン) は避けてください。
タイヤがスリップし、思わぬ事故につながるおそれがあります。
·
高速走行中は、速度によりシフトダウンできないことがあります。
·
減速中は、速度により自動的にシフトダウンします。
·
マニュアルモードでは、アクセルペダルをいっぱいに踏み込んでもキックダウンしません。
2速固定モード
停止または低速時*にセレクトレバーを 側に動かして2速にすると2速固定モードになり、ギヤ位置は2速に固定されます。雪道などすべりやすい路面での発進や走行がしやすくなります。2速固定モードのときに、セレクトレバーを 側または 側に動かして2速以外にすると2速モードは解除されます。
*
12km/h以下
シフトチェンジ (変速) 制限速度
マニュアルモードでは、次の速度条件のときセレクトレバーを操作すると変速します。
シフトアップ
低速走行中にシフトアップする場合、各ギヤ位置での制限速度より低いときは変速しません。
ギヤ位置
速度
5速オートマチック車
6速オートマチック車
M1→M2
0km/h以上
0km/h以上
M2→M3
20km/h以上
13km/h以上
M3→M4
33km/h以上
30km/h以上
M4→M5
34km/h以上
41km/h以上
M5→M6
53km/h以上
シフトダウン
高速走行中にシフトダウンする場合、各ギヤ位置での制限速度を超えているときは変速しません。
このとき、ギヤ位置表示が2回点滅し、変速できないことを運転者に知らせます。
5速オートマチック車
ギヤ位置
速度
LF-VD型エンジン
L5-VE型エンジン
M2→M1
47km/h以下
43km/h以下
M3→M2
96km/h以下
86km/h以下
M4→M3
140km/h以下
129km/h以下
M5→M4
6速オートマチック車
ギヤ位置
速度
M2→M1
40km/h以下
M3→M2
78km/h以下
M4→M3
120km/h以下
M5→M4
M6→M5
減速時、次の速度条件のときは自動的にシフトダウンします。
ギヤ位置
速度
5速オートマチック車
6速オートマチック車
M2→M1
10km/h以下
6km/h以下
M3→M2
M4→M3
30km/h以下
26km/h以下
M5→M4
37km/h以下
M6→M5
48km/h以下
2速固定モード時は、自動的に1速にシフトダウンしません。