フレア、フレアワゴン、フレアクロスオーバーのリコールについて

令和2年6月25日、マツダ株式会社にフレア、フレアワゴン、フレアクロスオーバーを供給しているスズキ株式会社は下記のリコールを国土交通省に届出いたしました。

ご愛用の皆様には、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。対象となるお客様には、販売店から、ダイレクトメール等でご案内させていただきますので、最寄りのマツダ販売店へ連絡いただき、修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます。対象車両につきましては、当ページの上側にある「リコール情報検索」にて、ご愛用車の車台番号を入力することで確認できます。

リコール届出番号 リコール開始日
4760 令和02年06月26日

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

ISG(モーター機能付発電機)の故障診断プログラムが不適切なため、使用過程でアース端子に酸化被膜が発生することで電気抵抗が上昇すると、ISGの電気回路の故障と判定することがあります。そのため、警告灯が点灯するとともにISGが発電を停止し、そのまま使用し続けると、鉛バッテリが上がり、エンストや始動不能に至るおそれがあります。

改善措置の内容

全車両、ISGの制御プログラムを対策プログラムに書き換えます。

対象車両

型式 通称名 対象車の車台番号の範囲及び製作期間 対象車の台数 備考
DAA-MJ44S フレア MJ44S-100003~MJ44S-103166平成26年7月31日~平成27年6月30日 3,164
MJ44S-450001~MJ44S-451954平成26年7月31日~平成27年7月31日 1,954
DAA-MM42S フレアワゴン MM42S-100002~MM42S-101832平成27年5月9日~平成27年8月4日 1,819
MM42S-590001~MM42S-590448平成27年5月9日~平成27年8月3日 445
MM42S-790001平成27年8月3日 1
DAA-MS41S フレアクロスオーバー MS41S-100001~MS41S-101602平成27年4月28日~平成27年7月31日 1,595

ご注意

  1. 対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれていますので、詳しくは最寄りの販売会社にお問合せください。
  2. 対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。

前のページに戻る