ランプスイッチ

◆ランプの点灯/消灯

·
エンジンを停止しているときに、ランプを点灯させたままにしないでください。バッテリーがあがるおそれがあります。
·
ヘッドランプ、制動灯などのランプは、雨天走行や洗車などの使用条件によりレンズ内面が一時的に曇ることがあります。これはランプ内部と外気の温度差によるもので、雨天時などに窓ガラスが曇るのと同様の現象であり、機能上の問題はありません。ただし、レンズ内面に大粒の水滴がついているときやランプ内に水がたまっているときは、マツダ販売店にご相談ください。

標準タイプ
電源ポジションに関係なく使用できます。
ランプスイッチをまわすと、各ランプが点灯/消灯します。
スイッチ位置
OFF
ヘッドランプ
消灯
消灯
点灯
車幅灯、尾灯、
番号灯
消灯
点灯
点灯

オートライト機能付きタイプ
手動で使うとき
電源ポジションに関係なく使用できます。
ランプスイッチをまわすと、各ランプが点灯/消灯します。
スイッチ位置
OFF
ヘッドランプ
消灯
消灯
点灯
車幅灯、尾灯、
番号灯
消灯
点灯
点灯

自動で使うとき (オートライト機能)
電源ポジションがONのとき使用できます。
ランプスイッチをAUTOの位置にすると、周囲の明るさに応じてランプが自動で点灯/消灯します。
周囲の明るさ
明るい
薄暗い
暗い
ヘッドランプ
消灯
消灯
点灯
車幅灯、尾灯、
番号灯
消灯
点灯
点灯
·
フロントガラスにステッカーやラベルなどを貼り付けてライトセンサーを覆わないでください。センサーが周囲の明るさを正確に感知できなくなります。
·
ライトセンサーはオートワイパー機能のレインセンサーの役割も果たしています。ワイパーレバーがAUTOの位置で、電源ポジションがONのときはワイパーが自動で作動することがあります。手や指などを挟まないよう気をつけてください。万一手や指を挟むと、けがやワイパーの故障につながるおそれがあります。
·
長いトンネルやトンネル内での渋滞、屋内駐車場など、周囲が暗い状態が数分間続くとライトセンサーが夜間と判断し、周囲が明るくなってもランプがすぐには消灯しない場合があります。
この場合はランプスイッチをOFFの位置にすれば消灯します。
·
ランプスイッチがAUTOの位置のときに、電源ポジションをACCまたはOFFにすると、ランプは自動で消灯します。
·
車幅灯やヘッドランプを点灯させるタイミングを早くすることができます。マツダ販売店へご相談ください。
·
オートライト機能は、周囲の明るさを感知する照度レベルの設定を変更することができます。マツダ販売店へご相談ください。

◆ディスチャージヘッドランプについて☆

ディスチャージヘッドランプは、太陽光に近い白い光で広範囲を照らします。
ヘッドランプのロービーム、ハイビームに装備されています。
ディスチャージヘッドランプは高電圧を使用しているため、取り扱いを誤ると感電するおそれがあります。ディスチャージヘッドランプの交換・修理をするときは、必ずマツダ販売店へご相談ください。
ヘッドランプが点滅するとき、または著しく明るさが低下したときはバルブの寿命が考えられます。マツダ販売店で点検を受けてください。

◆ヘッドランプレベリング (オートタイプ)☆

ヘッドランプを点灯したとき乗員や荷物の状況に応じてヘッドランプの照らす方向を上下方向へ自動で調節し、一定に保ちます。
ヘッドランプオートレベリング警告灯
電源ポジションをONにすると点灯し、しばらくすると消灯します。
警告灯が点灯し続けるときはヘッドランプオートレベリング機能の異常が考えられます。マツダ販売店で点検を受けてください。
固定式AFS (アダプティブフロントライティングシステム) 装備車には、ヘッドランプオートレベリング警告灯は装備されていません。ヘッドランプオートレベリング機能が故障した場合は、AFS OFF表示灯が点滅します。

◆ヘッドランプレべリングスイッチ☆

ヘッドランプが点灯しているとき、ヘッドランプの照らす方向を下向きに調節することができます。
乗員や荷物が多いときなど、ヘッドランプが通常よりも上向きを照らしているときは、スイッチをまわしてヘッドランプの照らす方向を下向きにしてください。

スイッチを下方向へまわすと、ヘッドランプの照らす方向が下向きに変わります。スイッチの数字が大きいほど下向きになります。
スイッチ位置の目安
積載状況
スイッチ位置
乗員
荷室
運転席のみ乗車時
非積載時
0
満載時
3
運転席と助手席乗車時
非積載時
0
全席乗車時
非積載時
1
満載時
2
·
乗員や荷物を降ろした後は、スイッチの位置を必ず にもどしてください。
·
通常はスイッチの位置を にして使用してください。
·
車検などで光軸調整をするときは、スイッチの位置を にしてから行なってください。

◆固定式AFS (アダプティブフロントライティングシステム) について☆

固定式AFS (アダプティブフロントライティングシステム) は、エンジン回転中、ヘッドランプが点灯し、車速が約13km/h以上のとき、ハンドルの操作にあわせてヘッドランプの照らす方向を左右に自動で調節するシステムです。
車速が約8km/h以下になると機能は停止します。
AFS OFF表示灯
電源ポジションをONにすると点灯し、しばらくすると消灯します。
AFS OFFスイッチを押して固定式AFSを解除すると点灯します。
次のようなときはシステムの異常が考えられます。マツダ販売店で点検を受けてください。
·
電源ポジションをONにしても点灯しないとき。
·
点滅し続けるとき。

·
バッテリーのターミナルやヒューズの脱着などにより、バッテリーとの接続が断たれるとシステムが作動しなくなります。 (このとき表示灯が点滅します。)
システムを作動可能な状態にするために、次の操作を行なってください。
1
電源ポジションをONにします。
2
ハンドルを右いっぱいまでまわし、その後左いっぱいまでまわします。
3
電源ポジションをOFFまたはACCにし、再度ONにします。
4
表示灯が消灯することを確認します。
電源ポジションを再度ONにした後でも表示灯が消灯しないときは、マツダ販売店に連絡してください。
·
固定式AFSが故障したときは、固定式AFSは作動しませんが、通常の照射性能は確保されています。
AFS OFFスイッチ
AFS OFFスイッチを押すことにより固定式AFSを解除することができます。
もう一度スイッチを押すと、AFS OFF表示灯が消灯し、固定式AFSが作動可能な状態になります。

◆ランプ消し忘れ防止チャイム

ランプを点灯させたまま、エンジンスイッチからキーを抜いて (アドバンストキーレスエントリー&プッシュボタンスタートシステム機能使用時は、電源ポジションをOFFにして)、運転席ドアを開けると、チャイムが鳴りランプの消し忘れを知らせます。

◆ヘッドランプの切り替え

ヘッドランプが点灯しているとき、レバーを前後に操作すると、ヘッドランプの向きが切り替わります。
前方に押すと上向き (ハイビーム)、手前に引くと下向き (ロービーム) になります。
上向き (ハイビーム) のときは、メーター内のヘッドランプ上向き表示灯が点灯します。
·
遠くを照らしたいときに上向き (ハイビーム) にしてください。
·
対向車がいるときや、市街地走行などで上向きが不適切なときは下向き (ロービーム) にしてください。

◆パッシング合図

ランプスイッチの位置に関係なく、レバーを引いている間ヘッドランプが上向き (ハイビーム) で点灯します。
同時にメーター内のヘッドランプ上向き表示灯が点灯します。